【メリットを紹介】脂肪吸引施術で気になる部分をシェイプアップ

施術後まで見通しておく

カウンセリング

知識を持って施術を受ける

脂肪を減らすには、ダイエットをするという考えが一般的ですが、美容整形外科では脂肪を外に吸い出して量を減らす、脂肪吸引というやり方もあります。ダイエットではなかなか効果が出ないことや、脂肪の落ちにくい部分がありますが、脂肪吸引を行えばその部分は確実に脂肪がなくなるので、部分痩せにも使えます。脂肪吸引の魅力は、やはり努力が不要な点です。ダイエットには様々な方法があり、中には楽して痩せるというキャッチコピーのものもありますが、どれも多かれ少なかれ生活を制限します。それに対して脂肪吸引は、1回施術を受ければ体脂肪の50から75%を吸い出せると言われていて、特に生活を制限する必要なく痩せられます。また脂肪吸引を受けるなら、知っておきたい施術方法が三つあります。一つ目はボディジェットです。これは脂肪を吸うために体に入れるカニューレから、脂肪に水を流すことで、脂肪を剥がしてから吸引する方法です。通常の脂肪吸引は吸引力によって強引に脂肪を剥がしますが、それに対してボディジェットは水流で優しく脂肪を剥がすので、痛みが抑えられ、より多くの脂肪を吸い取れます。二つ目は超音波脂肪吸引です。これはベイザー波と呼ばれる超音波を吸引したい部位に当てることで、脂肪を液状にしてから吸引する方法です。液状にすることで吸引が格段にしやすくなり、また脂肪を強引に剥がさずに済むので周りの神経や血管への影響も少なく、痛みが抑えられます。三つ目は脂肪溶解注射です。これはカニューレを入れて脂肪を吸う必要がないので、厳密に言うと脂肪吸引ではありません。なぜならこの注射では、脂肪細胞を破壊する薬品を注射で注入し、死んだ脂肪細胞は老廃物として自然に体外に排出されるからです。数回の注射が必要となりますが、施術による痛みや跡が全くないので顔の脂肪を取り除きたい時に人気です。脂肪吸引の前に、施術の事だけでなく施術後のアフターケアのことも知っておきましょう。脂肪吸引後はカニューレを入れた跡とダウンタイムに対してケアすることで、より早くこれらを解消し、綺麗な肌を取り戻すことができます。跡に対しては、肌のターンオーバーを早めるような化粧水を使用すると治りが早いです。またダウンタイムの原因は内出血なので、内出血に対するケアと同じことをすれば治りが早くなります。具体的には血流を活発にするために、鉄分やビタミンCを多く摂取してヘモグロビンを増やすことや、患部を温めることで血行を良くします。こうした整形は、医者とのカウンセリングで方法を決めるので利用者も多少の知識を持っておいた方が良いです。またアフターケアは自分でやるのが普通なので、何をすべきなのか知っておくことが重要です。

Back to Top